医療について

日本の医療制度の特徴と財政問題

日本の医療制度の特徴は、国民皆保険制度にあります。
働いている人は職場の健康保険や共済組合保険に加入し、それ以外の人は原則として国民健康保険制度に強制加入となります。
何らかの医療保険制度に加入していますので、病気をしたり、ケガをしたりした場合も、原則として3割を負担することで医療サービスを享受することができます。
一方で、高齢化が急速に進展していますので、これに伴う医療費の増加、医薬品や医療機器の高度化に伴って医療費は増加の一途を辿っています。
同時に少子化も進行していますので、負担者が減少することになり、医療財政は極めて厳しい状況にあります。
受益者負担の観点からも、自己負担割合が現在は3割に引き上げられています。
自己負担を殖やすことで、公的医療保険制度の支出を減らすことができます。
また、自己負担が高い分、自己の健康維持や疾病予防に関心を払ったり、無駄な診療を減らすことにもつながります。
年金に次いで大きな負担である医療費の削減は大きな課題です。

Copyright© 医療 All Rights Reserved.

日本の医療制度の特徴と財政問題
医療