医療について

多くのがんが治療できるようになった

がんは国民病と言われるまでになっていますが、昔ほど恐れなくてもよくなってきています。
昔は、がんと言うことが分かって時点で、治らないことを覚悟しなければいけませんでした。
しかし、今では医療が進歩したこともあり、多くのがんが治療できるようになってきています。
5年生存率も徐々に上がってきました。
とは言え、自分はがんにならないと思っている人は多いです。
他人事と考えている人も少なくありません。
しかし、がんは高齢者だけがかかるものではなく、若い人でもかかります。
これは頭に入れておかないといけません。
がんになった場合、治療は病院で行わなければいけません。
状況によっては、長期入院を余儀なくされることもあります。
少しでもがんになる確率を下げるために、若いうちから規則正しい生活を送るように心がけましょう。
とくに、活性酸素をムダに増殖させないことが重要になってきます。
活性酸素のメカニズムは理解しておいて損はないでしょう。

Copyright© 医療 All Rights Reserved.

多くのがんが治療できるようになった
医療